行列ができる相談所になりたいBlog

行列ができる相談所になりたいBlog header image 1

交通事故の慰謝料で満足するには

2月 11th, 2014 · 未分類

最近は高齢化社会の中で、お年寄りによる交通事故が増えているようです。そのような心配をなくすクルマ自体が自動で運転する車が近い将来登場しそうです。国内ではトヨタ、日産、ホンダの3社が開発しており、最近では首相を乗せての公道走行実験が話題となりました。

また、検索エンジン大手であるアメリカGoogleも自動運転のクルマを開発。2020年までには市販の車として発売する予定だとのことです。これだとお年寄りがよく起こすアクセルとブレーキの踏み間違いや、脇見運転による事故などはなくなるので、その導入が待ち望まれるところですね。

現実に目を向けてみると、交通事故の件数は減ってきているものの、まだまだ多くの交通事故が起こっているのが現状です。交通事故に対する加害者と被害者の関係はどちらになっても嫌な思いしかありません。
被害者は恐怖という精神的なものが発生し。加害者は被害者に対する思いとその慰謝料などの精神的な苦痛が発生するからです。その被害者が抱えている悩みに対して弁護士や司法書士、行政書士が交通事故に対する困ったことを解決してくれるウェブサイトがあります。 こちら→ xn--o9j102gec457gdmeqoat28s0li.jp

このサイトは交通事故被害者が抱える悩み-慰謝料・保険金・賠償金・後遺症の示談、訴訟まで、弁護士・司法書士・行政書士など、専門のプロが相談に応じ、その解決へと導いてくれます。交通事故訴訟における裁判や判例に基づいた適正な基準を算出してその解決に当たっています。
交通事故の被害に遭われ、悩みを抱えているならぜひご相談ください。

→ No CommentsTags:

借金は債務整理で解決!

1月 25th, 2014 · 未分類

「借金を返済しているのに金額がなかなか減らない」
「借金があることを誰にも話してないので相談できない」
「借金の取り立てにおびえる毎日を過ごしている」
「早く完済して楽しい毎日を送りたい」

上記のものは、借金のある方の悩みです。
誰しも初めて借金をする時は、簡単に完済できるだろうと思って借金をするものです。
ところが、金利が高額なため、月々の返済が困難になっていくという方が続出しています。
最終的に借金が返せなくなってしまって、どうしようもなくなってしまう・・・良くある話です。

そんな方におすすめしたいのが、借金がある方の救世主である「債務整理」です。
債務整理とは、借金の総額や毎月の支払額を減額したり、借金そのものをゼロにしたりする方法です。
また、過払い金と言って返済しすぎているお金が返ってくるというケースもあるんです。

そのような債務整理を行ってくれるのが、弁護士や司法書士です。
xn--o9jt86g5maw4ep60bp5tjv1c.jpのブログに債務整理を行ってくれる弁護士や司法書士の事務所が掲載されています
相談無料ですし、全国対応、出張対応など、債務者にとってはどれもありがたいですよね。

悩む時間があるなら、まずは無料の相談を受けてみてください。
あなたの借金の悩みは、必ず解決することができます。

→ No CommentsTags:

過払い金請求にはタイムリミットがあります

1月 16th, 2014 · 未分類

借金にお悩みのみなさん、「払いすぎた借金が戻ってくるかもしれない」という話を聞いたことはありませんか?
借金の債務整理を取り扱う法律事務所などの広告でよく紹介されている内容かもしれませんね。

払いすぎた借金が戻ってくるとはどういうことかといいますと、
不当に高い金利で借金をして返済をしていた場合、「金利の引き直し」といって
まっとうな金利に計算し直して、本当は払う必要がなかったのに払っていた金利分のお金を返してもらえるということです。
一般的に金利の上限は利息制限法で定められている金利が適用され、それは元本10万円未満の場合20%、元本10万円以上100万円未満の場合で18%、元本100万円以上で15%です。
お心当たりのある方は、法律家に相談してこの払いすぎた金利分(=過払い金)を取り戻す請求をすると良いでしょう。(これを「過払い金請求」といいます。)

ただしひとつ注意する必要があるのは、過払い金請求は、タイムリミット(時効)があるということです。
最後の取引(返済等)から10年をすぎると過払い金請求ができませんので、「自分にも過払い金があるかもしれない」と思う方は、できるだけ早く過払い金請求をすることをおすすめします。
借金の明細がなくても調べてもらうことができますので、諦めないでくださいね。

→ No CommentsTags:

債務整理をすると借金がなくなるの?

1月 16th, 2014 · 未分類

債務整理の手段の中には自己破産、という手段があります。
自己破産という言葉を聞いた事があると思うのですが、この手続きを行うことによって、債務者の借金の返済義務がなくなります。
自己破産をすることによって、手持ちの財産は失われますが、苦しんでいた住宅ローンなどの借金地獄から逃れることができますので、最後の手段として使われる債務整理方法です。

しかし、勘違いしてはいけないのはあくまで債務者本人の返済義務がなくなるのであって、借金自体は消えません。
例えば連帯保証人をつけて契約していた借金が返済できなくなり、自己破産をしたとします。すると債務者への請求はなくなりますが、連帯保証人への支払い義務は消えませんので、債務者への請求ができなくなった分は連帯保証人へ請求されます。

さらに一度返済が滞った借金に関しては基本的に一括請求を求められますので、それが高額の場合は最悪、連帯保証人も自己破産となることが少なくありません。
それによって連帯保証人ともギクシャクしてしまい、関係が悪化することも想定できます。
その為、債務者は自分の都合だけを考えず、連帯保証人のことも考えて自己破産をするのかしないのか、冷静に判断する必要があります。

→ No CommentsTags:

交通事故での慰謝料は後遺障害認定がカギ

1月 16th, 2014 · 未分類

交通事故での慰謝料の金額は、事故によって被った後遺障害の等級によって変わってきます。

後遺障害とは、いわゆる後遺症の専門用語なのですが、非常に細かく等級が分けられています。
「交通事故 後遺障害 等級」などで検索してもらえれば一覧表などがヒットすると思いますので
ご興味のある方は一度見てみて下さい。

後遺障害は、障害の残ってしまった部位や範囲などによって規定されていますが、
実はあいまいなところもあるのです。
よく出てくるフレーズの「著しく障害が残った場合」とはどの程度でしょうか?
事故に遭った本人や家族では、比較する対象もありませんからどの程度かなんてわかりませんよね。
また、一覧表に載っていない障害はどの等級に相当するのかもわかりません。

ですが、間違って軽い等級に認定されてしまうと、後々やっぱりもっと重い等級だったのではないかと思っても手遅れです。
また、等級が重いほど慰謝料の金額も多いわけですが、一度等級認定され慰謝料の金額が決まってしまうと
変更はなかなかできるものではありません。

つまり、最初に後遺障害をきちんと認定してもらうことが重要なのです。
万が一交通事故に遭ってしまった場合は、法律家に相談してきちんと後遺障害を認定してもらいましょう。

→ No CommentsTags: